バカラのルール。遊び方を分かりやすくなるべく専門用語使わずに説明

バカラのルールを調べても専門用語を使ってるのでよくわからない。

詳しい動画を見ても理解するまでに時間がかかったので自分なりにルールをまとめた。

どんなゲームか?

プレイヤーとバンカーのどちらが勝つか、引き分けになるかを予想する3択カードゲーム。

配られたカードの合計が9に近い方が勝ち。お互いのカードの合計が同じ場合は引き分けとなる。

例えると、サッカーのトトカルチョみたいに対戦結果を予想するゲーム。

プレイヤーが勝っても、バンカーが勝つと予想していたらチップを失う。

カードの説明

Aは1点。

2~9はそのままの数字が点数になる。

10・J・Q・Kは0点として扱う。

10~kのカードはモンキーという愛称がある。

ゲームの流れ

プレイヤーから必ず配られ、次にバンカーに配られる。

これを交互に2枚ずつ配る。

2枚配り終わった後、カードの合計によって3枚目を配るかどうかが決まる。

プレイヤー 5・Q・8 → 13

バンカー 10・2・9 → 11

バカラは下1桁を点数として勝負をするので、3対1でプレイヤーの勝利という風になる。

ナチュラル

プレイヤーの手札 9・10 → 9点

バンカーの手札 K・7 → 7点

最初の2枚の合計が8か9だと『ナチュラル』となって勝負が終了する。3枚目は引かない。

この場合だと、プレイヤーが勝利となる。

プレイヤー側が勝つと予想していたらチップが増える。バンカー側が勝つと予想してたらチップを失う。

3枚目を引く条件

プレイヤーのルール

合計が0~5は3枚目を引く。

合計が6~9は2枚で勝負する。

バンカーのルール

合計が0~2は3枚目を引く。

合計が7~9は2枚で勝負する。

3~6の場合は、プレイヤーが引いた3枚目のカードによって引くか引かないかが決まる。

H → カードを引く。

S → カードは引かない。

カードルールまとめ

プレイヤーとバンカーの両方が6点か7点の時はどちらもステイとなり引き分けでゲーム終了。

プレイヤーかバンカーのどちらか、または両方がナチュラルの時はゲーム終了。

プレイヤーが6か7の時で且つバンカーが5以下の時、バンカーは3枚目を引く(特例条件)。

ベットの種類

プレイヤー・バンカー・タイの3種類の賭け方がある。

参考にした動画

日本人がラスベガスのカジノディーラーってすごいなと思いました。