ドラクエ10ってどんなゲーム?今から始めようと思うけど遅くない?

ドラクエ10はエンドコンテンツからプレイヤーイベントまで幅広い遊び方があるゲームです。

今から始めようと思うけど遅くないか?という疑問についてですが、今からでも十分楽しめます。

それに、レベル上げに関しては装備すると経験値が3倍になる防具が存在しているのでカンストも従来より非常に早く到達可能です。

という訳で、どういったことを楽しめるのか順を追って紹介していきます。

スポンサーリンク

レベル上げ

まず最初はレベル上げを楽しむことから入ります。

レベル上げのコツとしては、どの職で始めるにしても、一つの職業に集中してレベル上げをしてカンストを目指すことです。

理由は、酒場でサポート仲間を借りることができるのですが、自分のレベルに応じて+10レベルのキャラまでしか借りることができないからです。

自分のレベルが55だとしたら、65までのキャラまでしか借りることができないのです。毛糸の帽子をかぶったキャラが私のサブキャラ。

ですので、1つの職業だけでもカンストをさせておけば、別の職業をレベル1から育てる時、酒場でカンストキャラを借りることができます。

サポートなかまとは

サポートなかまとは、他の冒険者が育成したキャラのことを言い、街の酒場にいる紹介人に話しかけると雇うことができます。

サポートなかまを借りるためにはクエストをクリアする必要があります。

下の画像は私のメインキャラですが、レベル108なので110のカンストしたサポート仲間を借りることができる。

カジノ

カジノには、スロット・ポーカー、ルーレット、すごろく、ビンゴなどができます。

また、スライムレースではイベントに備えてスライムの育成もできます。

カジノでコインを稼ぐと、景品と交換する事が可能です。

釣りバトル

マップに海や川がある場所では釣りバトルを楽しむことができます。

定期的に釣りバトルイベントも実施されており、ランキング上位者には限定ドルボードがプレゼントされます。

ドルボードとは、フィールド上を徒歩よりも速く移動できる車のような乗り物。マンタの形をしたものが釣りバトル上位者にプレゼントされたドルボード。

プレイヤーイベント

プレイヤーイベントは、チャットを楽しんだりフレンドを探したりするイベントです。

公式サイトでは、共通の趣味を持ってる人たちを集めてチャットを楽しむ会や、ドレスアップを楽しむ会などの募集も行われています。

レベル上げやバトルコンテンツ以外にも、交流を目的としたイベントに参加することで、よりドラクエの世界を楽しむことができるのです。

エンドコンテンツ

遊ぶからにはエンドコンテンツも挑戦したい!という人は多いと思います。

エンドコンテンツには、常闇の聖戦、聖守護者の闘戦記、アストルティア防衛軍と言ったものが用意されています。

常闇の聖戦

常闇の竜レグナード・ダークキング・海冥主メイヴが用意されています。

強さは1~5まで存在しており、レベル5は最近実装されたところで討伐者は数少ない状況です。

討伐は基本4人PTで行います。

聖守護者の闘戦記

レギルラッゾ&ローガスト・スコルパイド・ジェルザークが用意されています。

強さは1~3まで存在しており、ジェルザークが最新のエンドコンテンツとなっています。

討伐は基本4人PTで行います。

アストルティア防衛軍

獣牙兵団・鉄機兵団・造魔兵団・屍獄兵団・凶蟲兵団・海妖兵団が用意されています。

このコンテンツは強さは存在しておらず、防衛目的か討伐目的かによって戦い方が大きく異なります。

討伐を目指すには討伐専門のルームに入るのが一番良いですね。

討伐は基本8人PTで行います。

ルームとは

ルームとは同じ目的を持ったもの同士が集まった集団。

ドラクエ10では、チームとルームが存在しており、チームは学校のクラスみたいなものでルームは部活動のようなもの。

ルームに限り2つまで掛け持ち可能で、自分がルム主になれば合計3つ所属可能。

他にも楽しめるコンテンツ多数

今紹介したコンテンツは一部であり、他にもまだまだ楽しめるコンテンツがあります。

ピラミッド・魔塔・邪神の宮殿・コインボス・ゼルメア・万魔の塔など。

一人でも遊べるし、ドラクエ10の世界で知り合った仲間と一緒にも遊べます。

さあドラゴンクエスト10の世界へ冒険に出よう!

DQ10で遊べる機種

Windows版・ニンテンドースイッチ・ニンテンドー3DS・プレイステーション4

バージョンについて

バージョン1~5まで現在発売しています。これから始めるのならオールインワンパッケージ(1~4)+バージョン5を購入することをお勧めします。

スポンサーリンク