ドラクエ10ジェルザークを魔戦で討伐!装備や必中攻撃力等徹底解説

ジェルザーク3を魔戦で討伐したい!そう決意した人へ装備や耐性、必要攻撃力、動き方などを解説します。因みに私は、弓魔戦で討伐していますので、できる限りわかりやすく説明いたします。

スポンサーリンク

ジェルザーク用魔戦装備

魔戦が選ぶべき装備は、大怪傑の装束一択です。理由は、セット効果の『状態異常系の成功率が10%』はマジックアローの成功率を向上させるからです。

最強ジェルザークだとマジアロが入らない場合があり、リミットマグマを発動したソルジャーを落とせず床にマグマが発生すると、移動制限を受けるので非常に不利な状況になってしまいます。

そして、必殺チャージ率が1%増加は地味ですが大切で、マジックルーレットが来るか来ないかで討伐までの時間が伸びてしまい時間切れになる事も考えられます。

機工博士はどうなのか?というと、魔戦フレで機工博士で討伐した人もいますが、これから装備を揃えたいんだけどどれがいいかな?っていう方なら大怪傑がオススメです。

機工博士はスコルパイドの時は早読みがあるので強いのですが、ジェルザークの場合は早読みは要らないし、コマンド間隔が0.5秒短縮してもあまり意味がないんですよね。

因みに私は、スコルパイドの時は機工博士を装備して、ジェルザークの時は大怪傑を装備してます。討伐するボスによって使い分けが良いかと。

ジェルザークで魔戦が必要な耐性

眠り・混乱・幻惑・転び・踊らされは100%必須。宝珠込みでブレス42~45くらいは欲しいですね。ブレスガードは高ければ高いほどいいのでこれは妥協せず本当に良いものを買うのがいいです。お財布的には痛いですが・・・。

私の耐性装備の詳細

頭 混乱60・HP17
上 ブレス41
下 混乱100・眠り70
腕 会心4.7
足 踊り転び100
HP 713
攻撃力 584
守備力 621

ジェルザークで魔戦の必中攻撃力

ジェルザーク最強で必要な攻撃力は565です。

攻撃力が低いと、攻撃が命中してもmissが発生し、マジックアローやフォースブレイクの効果を得られないことがあります。

マジックアローは連射できるのでいいとしても、フォースブレイクはチャージスキルなので、1度使うと1分間待たなくてはなりません。

1分間フォースブレイクが入っていない状態が続くと火力が落ちるわけなので、時間切れで討伐ができなかったということに繋がります。ですので、魔戦はお金をかけてでも攻撃力を565以上にする必要があります。

イルミンズールの弓を装備していればよほどのことがない限りこの数値を下回ることはないはずなのですが、バトル中に片手剣に持ち替えた時は必中攻撃力を満たさない方もいると思うのでそこは注意が必要ですね。

ジェルザークで魔戦が必要なHP

魔戦ならHPは盛れるだけ盛る。700以上は欲しい。魔法使いに比べれば一撃で死ぬことはありませんが、やはり多いに越したことはありません。

ジェルザーク戦で重要な動き方

ジェルザークの大号令飛ばし

ソルジャーが2匹とも居なくなった時に、ジェルザークが徴兵の号令を使わなかったら、一番近くに居るプレイヤー(魔戦)をターゲットとして狙ってくるので後方へ下がります。(状況次第ですが魔戦以外の人がタゲられるケースもあります)

と同時に魔法使い・僧侶が壁に入るので、ジェルザークがターンエンド攻撃をするまでの間はとにかく下がります。この一連の動きのことを大号令飛ばしといいます。

タゲ下がりをしている間はガンガン攻撃できるので、タゲられたプレイヤー(魔戦)はターンエンドまでとにかく逃げることが大切です。

大号令飛ばし終了後のボーナスタイム

大号令飛ばしが成功しターンエンドを迎えると、ジェルザークは地砕の計か翠将の威風のどちらかを使ってきます。ここで重要なのは、ターンエンド攻撃が終わったら魔戦は速やかに壁に戻ることなんです。

なぜかと言うと、大号令飛ばしが終わった次の行動は、通常攻撃をしてくるのでさらにタゲ下がりをするとボーナスタイムを作ることができるからなんです。

言葉で説明するよりも動画を見た方が分かりやすいので、その動画を紹介します。

見て欲しい場面は、12秒付近で威風を使った後の動きです。この何気ない動作ですが、この動きはものすごく重要で、大号令飛ばしで一方的に攻撃した上に、更に次のタゲ下がりで一方的に攻撃ができるボーナスタイムを作り出しています。

理想的な動きを言えば、大号令飛ばしが終わった後に動画と同じようにタゲ確認をして、タゲられた人が下がって、タゲ以外の人が壁に入る。一見、簡単そうに見える動作ですが、この動きはPT全員が知っておかないとできないのです。

ですので、魔戦としては、魔戦タゲの可能性も見据えつつすぐ壁に入る。魔戦がタゲられる確率は4分の1ですから高確率で後衛がタゲられます。言ってみれば75%の確率で後衛がタゲられるという選択肢を選ぶわけです。

大号令飛ばしが終わった後しっかりタゲ確認をしようとしても、後衛がこの動作を知ってなかったら100%失敗してしまいます。

ですので、魔戦タゲになるかもしれないけど大号令飛ばしが終わったらすぐに壁に入るのが魔戦としての動き方と言えます。

スポンサーリンク