ドラクエウォークの自宅をおしゃれに模様替えしてイイネされる方法!

ドラクエウォークの自宅をオシャレに模様替えしてイイネをされたいなーって思いませんか?

この記事では、オシャレな部屋を作るコツについて私が思う事を書き綴っています。そして、イイネをされやすい場所についても書き綴っています。

つまり、この記事を読めばオシャレな部屋に模様替えができるようになり、更にイイネもされるようになります。

という訳で、オシャレな自宅作りについて話を進めていきます。

スポンサーリンク

息遣いを感じさせる部屋か?

イイネをされやすい自宅の条件の一つに、そこに人が本当に住んでいるかのような現実感があるか?という事が挙げられます。

パッと見て『こんな部屋実際にありそう!』と思うかどうかが大切です。

手前味噌になりますが

この部屋を見てどう感じられましたでしょうか?

ベッドの近くにドレッサーがありますよね。この時点でこの部屋は女性が住んでるんだなって思いませんか?

暖炉の前にソファーがあったり、テーブルがあって椅子が2脚ある。この家には誰かが遊びに来るんだな。そんな風に感じられますよね。

このように、家具の配置の仕方によって男性が住んでいるのか、女性が住んでいるのか、一目見て分かるような配置をすれば息遣いを感じさせる部屋になります。

自宅の一室と認識する

ドラクエウォークの自宅は5×5から始まります。

お世辞にも広いとは言えない自宅ですが、自宅の大きさをこの広さと認識するから狭く感じるのです。

つまり、模様替えができるこの場所を自宅の中にある一つの部屋として見立てると結構な広さの家と想像できますよね。

3LDKの1つの部屋。こう考えると、与えられた小さな枠内に何を置けばいいのか?を考えるだけで済みます。

自宅だから全てを押し込めなきゃいけないと考えるとこの広さではあまりにも狭すぎるのです。

家具の名称に騙されない

私はチェストをドレッサーに見立てて使っています。

ツイッターやまとめサイトでいろいろな人の自宅を見ていると、タンスや本棚を壁として利用している人もいます。

個人的に本棚やタンスを壁に使用するのは見た目が悪くなるので好きではないのですが名称にとらわれないことは大切です。

部屋を見た人の想像力を使う事もオシャレにみせる一つのテクニックだと思ってます。

対比効果を意識する

オシャレだなって感じるのは、色を識別しているから。

オシャレな家具でもそれだけで部屋を作ってしまうと同色系統の部屋になるのでオシャレとは感じません。

ゴシック家具だけで部屋を作ると黒系統色の部屋ができますが重たく感じます。

そう感じさせないために他のシリーズ家具を使って色の対比バランスを取っていくのです。

私の場合ですと、豪華な壁とゴシック調の床を使って対比を作り出しています。

絨毯を敷いてその上に置く家具はまたそれとは違う色の家具を置くと、互いが持つ色の良さを引き出します。

これを相乗効果といいます。同系色の家具を置くだけではこの効果は得られません。

イイネされやすい場所

人が休憩する場所に自宅を引越しさせるとイイネされやすいです。

具体的にどういう場所がいいのかというと、繁華街で自動販売機が置いてある場所とかがいいです。

そして、実際にそこでスマホを見ながら何かをしている人がいつもいるような場所こそ引越しすべき場所です。

私は何度か引越しをしたのですが、駅構内は競争率があまりにも高いからなのかイイネをされませんでした。

東京の渋谷などいろいろな場所にも引越ししたのですが、イイネの反応が悪かったです。

そもそも引越し先の現地の様子を確認できないので競争率や、実際に人がそこに居るのかも確認できないので難しいです。

ですので、自分の住んでいる都道府県の繁華街で待ち合わせなどで人が集まるような場所を自分の目で確かめて引越しさせるのが良いです。

私が住んでいる神戸市の一番の繁華街は三宮なので、三宮で自販機がたくさんあって人がスマホを見ながら休憩できる場所に自宅を置いています。

さいごに

オシャレな部屋にするのは難しいと思うのなら、私の部屋を丸ごとパクって人が集まる場所に引越ししてみてください。

絶対にイイネもらえますので。

最初は人の真似でもいいと思うんです。そこから自分なりにアレンジを加えて行ってコツをつかんでいけばいいんです。

スポンサーリンク